このくにのサッカー

加茂 建 × 賀川 浩

対談風景

対談相手プロフィール

加茂 建(かも けん)
(写真右)(写真:中島真)
1943年東京生まれ。芦屋高校、関西学院大でサッカー部に所属。トヨタ自動車に就職した後、独立して1968年に創業。1971年に加茂商事(株)を設立。「サッカーショップ加茂」を全国に展開し、国内最大級のサッカー専門店を築く。現在は選手のマネジメント、施設企画などの会社の社長を兼任している。

対談の前に

 サッカーショップ加茂の主(あるじ)加茂建さんは関西学院大学(関学)サッカー部出身で、加茂兄弟の末弟。長兄の豊さん(故人)はゴールキーパーで日本代表。三番目の兄の周さんはヤンマーのコーチとして釜本邦茂さんたちの成長を助け、日産や日本代表の監督をつとめたトップ級の指導者。建さんはサッカー小売店を大阪でスタートし、東京に進出。各地に店を構えて日本でもっとも有名なサッカー専門店をつくりあげた。たくさんのチームやプレーヤーに用具を提供し、サッカー界に精通している。

対談

皆の「たまり場」になった店

賀川:加茂さんのお店に最初にお世話になったのは、大阪・梅田の第一ビルのお店でした。1974年のワールドカップ取材に行って、帰国してからもう一度映像を見たいということで、何度もお店に通ってビデオで決勝(西ドイツvsオランダ)の映像を見せていただきました。

加茂:あれはちょうどオープンリールのビデオからカセット式に変わったときで、ソニー製の高価なレコーダーでしたが、思い切って購入しました。わざわざ三重県や広島といった遠方からもお越しになる方もあって、それで店の認知も高まりました。

賀川:会社にもビデオはなかったので、何度も店にうかがいました。(ヨハン・)クライフがドリブルをして、左に(ヨニー・)レップがいて、西ドイツ側には(フランツ・)ベッケンバウアー一人しかいない場面があった。あの映像を何度も見ました。ベッケンバウアーがスタスタっと下がるシーンで、何歩下がったか数えながら。

加茂:あの守備はすばらしかったですね。最後にクライフがレップにパスしたら、ゴールキーパーの(ゼップ・)マイヤーが飛び出してきましたね。

賀川:ベッケンバウアーが下がる間にマイヤーにポジションをとらせていたんですね。その下がっていく姿をスタンドで見ていて、「クライフには抜かせないぞ」という思いが伝わってきました。ベッケンバウアーというのはすごい選手やな、と思って背中が寒くなったような気がしました。その場面をお店で見せていただいたんです。

加茂:賀川さんにお越しいただいていたとは光栄です。店に映像があるといいと思ったのは、ヤンマーの合宿所に納品に行ったときに、釜本さんが70年ワールドカップの白黒の映像を毎日のように見ておられたからなんです。
 42万円という高価なレコーダーを買ったんです。今の感覚でいくと、一千万円ほどの投資という感じの思い切った投資でした。あれが他の店との差別化になったかと思います。

賀川:それで店が皆のたまり場のようになってきたんですね。そのなかで、中学2年生の少年がドイツに行きたいと言って親を困らせているという話があって、それが岡田武史だったわけですが、それも加茂さんのお店が皆のたまり場だったからです。

サッカーショップと名乗った覚悟

賀川:店の名前は最初からサッカーショップ加茂でしたね。

加茂:いろいろな関連事業もありますし、会社は加茂商事ですが、店の名前はずっと同じです。私は兄弟3人が関学のサッカー部だったこともあって、それなりにサッカー界に知り合いもいたので、「店を出すなら、加茂スポーツというようなよくある名前ではなく『サッカーショップ』にしたらどうだ」というアドバイスをもらいました。そのアドバイスには今でも感謝しています。サッカーショップとすると、それ以外は扱わないということです。私も社員も含めて、サッカーからは逃げないという宣言になり、それがお客様に受け入れていただいて、道が開けました。

賀川:加茂という姓は、1936年のベルリン五輪のときのサッカー日本代表の加茂兄弟と同じですね。

加茂:そうなんです。東京に行くと年配の方からは「あの加茂兄弟の?」とよく言われましたが、血縁はありません。テニスにも加茂さんという方がいらっしゃって、そちらの話もよく聞かされました。

賀川:今のサッカー界では、周さんと建さんの兄弟が一番有名になりましたけどね。ご家族はサラリーマンではなくお店をやると言われたときにどんな反応でしたか。

加茂:父は茨城県の古河の出身で、毎日新聞の記者でした。そんな家系なので、商売をやっているのは少ないんです。最初はトヨタ自動車に入れていただきましたが、トヨタは日本リーグに参入せず、ラグビーに力を入れていました。兄がヤンマーにいて、釜本さんがヤンマーに入るという話があったころで、サッカーの普及にかかわる仕事をしてみたいと思いました。サッカーボールがまだ18枚か12枚パネルで、「これはバレーボールか?」なんて言われていたころです。

賀川:お店を出したのは、日本サッカーリーグ(1965年開幕)ができたころですね。

加茂:そうです。メキシコ五輪の年(1968年)に創業し、1971年に最初の店を梅田に出しました。最初はチーム相手に商売をしていましたが、チームの絶対数も多くなかったですし、個人のお客さんを増やさないといけないと考えました。トヨタではモータリゼーション時代の、今で言うマーケティングということで、免許証を持ってもらう、道路をつくる、所得を増やして車を買ってもらう、という話を門前の小僧のように聞いていました。それと同じでプレーヤーを増やさないとサッカーも商売にならないと思って、長沼(健)さん、岡野(俊一郎)さんや平木(隆三)さんに東京、大阪、名古屋で映画上映会を兼ねた講演会をやっていただきました。東京、メキシコのオリンピックの後ということもあって、いつも満席でサッカーに興味を持っている人が増えているという実感がありました。最初に御堂筋の御堂会館でマンチェスター・ユナイテッドが4-1でベンフィカに勝った試合を上映したとき、750席の席が一杯になってなんとか経費が回収できましたが、ドアを開けてお客さんがドッと入ってきたときに、「この商売はいけるかもしれない」と思いました。ものすごい熱気で、思った以上の反響でした。

賀川:Jリーグができたときに、雨のなかでも観戦に来て盛り上がっているスタジアムを見て、関西のテレビなどでは「なぜ急に盛り上がったのか」という話をしていましたが、それは昔から皆が努力してファンを増やしていったからですね。

加茂:私が関西で始めてよかったと思うのは、朝日に大谷(四郎)さん、産経に賀川さん、毎日に岩谷(俊夫)さんという記者がいらっしゃって、一般紙のサッカーの記事のレベルの高かったことです。我々にとっても励みになりました。

シューズとシャツの今むかし

賀川:僕は戦時中にボールを修繕しながらプレーしたこともあって、用具にはうるさい(笑い)。1974年にワールドカップに行く時にはまず用具メーカーに行ってみようと考えて、アディダスに行きました。そのころでも工場の機械化には驚かされたのですが、いまの用具の進化はすごいですね。

加茂:当時はアディダスが上質のカーフ(子牛の皮)のシューズで売り上げを伸ばしていましたが、いまは新素材のものが増えてきました。それにナイキが対抗してきたこともあって、マーケットが変わってきていますね。最初は合成皮革のものはお客さんの抵抗感もありましたが、いまでは天然革は重いというような声もあります。それにシューズの色がカラフルになりました。釜本さんなどは「サッカーシューズは黒じゃないと」とおっしゃるけども、そのような意見も一握りになってきました。

賀川:最近は目が弱くなって背番号が見えにくくなってきたので、シューズの色で選手を見分けた方がいいかと思っているところです。日本人と欧州人の足型は今でも違うんでしょうか。

加茂:アジア人は幅や甲の高さが違いますから、欧米のメーカーも研究しています。日本人のシューズデザイナーがいたりしますね。何を履いても平気という選手は南米に多い。ヨーロッパの市場の方がシビアですね。

賀川:サッカーシューズは軽いことばかりがもてはやされた時期もありましたが、今はどうなんでしょうか。

加茂:宣伝文句として軽さをアピールしているものが多いのは確かですね。今は試合中の選手の走行距離なども表示されたり、指導者も選手に対して運動量を求めたりするので、軽いというのは追及されますね。

賀川:素材がいいから軽くできるんですね。試合を見ていると踏まれたときの痛がり方が大げさだから、軽いシューズだと痛いのかと思ったりしています。

加茂:最近は、くるぶしの上まで覆って安全性を高めたブーツ型のものもあります。トップ選手だけでなく、学生に人気です。

賀川:南米は裸足に近い感覚がいいという考え方もありますね。ネルソン吉村がブラジルから来日したときに、パンツのポケットから薄っぺらいシューズを出したのには驚かされたものです。

加茂:ネルソンさんにはストッキングのことを教えてもらったことがあるんです。当時は靴下の上に履いて、足の底で引っ掛けるタイプのものだったのですが、ブラジルでは、一体型のホースになっていると言うんです。いまではそれが当たり前になっていますね。当時は、それでは穴が空いたら捨てないといけないと心配しましたが、作ってくれという言うので作りました。それが、「ネルソンが履いている」ということで爆発的に売れたのです。その後、ヤンマーの他の選手もこのタイプを選ぶようになりました。釜本さんとネルソンさんの影響力は大きかったですね。また、昔はユニフォームは七分袖だったのですが、それが半袖と長袖になって、ホームとアウェイの色違いで4着買っていだけるようになりました。そうやって売り上げを伸ばした時期がありました。今ではプロではない若い世代でもハーフタイムにシャツを着替えるようになりましたね。

賀川:1試合で2枚いるとはね。昔は全関東と全関西が試合するときには、関西は平家なので赤、関東は白でした。大会が終わると協会に「返却しろ」と言われたものです。それも七分袖でしたね。

加茂:関学の先輩の継谷(昌三)さんが遠征から帰ってくるとヨーロッパのアディダスとかの用具を買ってこられていたのを見て興味を持ちました。いろいろ進んでいるなと思っていました。

賀川:(デットマール・)クラマーが日本に来た時には、日本にはトレーニングウェアというものもほとんどなかったけど、彼はパンツにもピンと筋の入ったものを身に着けてましたね。なるほど、こうやって格好つけるもんかと思ったね。

加茂:クラマーさんはカッコよかったですね。普通のトレーニングパンツが3000円ほどの時代に、あの商品は8500円もしたので売れなかったんです。それがデサントの倉庫に山積みになっていたのを、うちがトヨタとヤンマーと上田(亮三郎:大阪商業大サッカー部監督)先生に買っていただいて、デサントのなかで「誰が売ってくれているんだ」ということになって、うちが認められたんです。半年ほどで4〜500着ほど売りました。当時としては画期的な売り上げでした。

賀川:最近は中国もサッカーが盛んですが、大きな市場ができることがいいことなのか、どうか。偽物もできるでしょうね。

加茂:岡田(武史)さんが中国から帰ってきて、「加茂さん、中国にも店を出してくださいよ」と言われました。私が社長の間はわかりませんが、次の世代にはチャレンジしてほしいなと思います。

賀川:日本で買い物すると安心だという信用があるから、「サッカーショップ加茂の上海店で買えば間違いない」なんていうことになればいいですね。

加茂:アメリカのマーケットもすごく魅力がありますね。サッカー人口は女子も含めてすごく多いんです。ただ、子どものころにサッカーをしていてもプロになって高額所得があるアメフトや野球に流れてしまうんです。そして通販の発達している国なので、ヨーロッパのような専門店というのはあまりありません。そういえば、1994年のアメリカでのワールドカップのときには、アメリカ側からFIFAにルールを変えてほしいという要請があったらしいですね。CMをハーフタイムにしか流せないので、クォーター制にしないかとか、PKは1ポイント、通常のゴールは2ポイント、エリア外からは3ポイントとか。

賀川:まあアメリカは満塁ホームランや、3ポイントシュートのような逆転勝ちを求めますけども、サッカーはバスケットボールのように何十点も入るわけではないですからね。

加茂:アメリカ人はスコアレスドローは本当に嫌いみたいですね。

一等地に出店するのはなぜか

賀川:山登りや野球の専門店は昔から多くありましたが、他の競技の専門店でこんな規模でやっておられるところはありますか。

加茂:テニスでいくつかあります。スキーも多かったのですが、マーケットが縮小してしまいました。今ではアメリカ型の1000坪、2000坪のラージスポーツチェーンが席巻していて、地域の総合スポーツ店が苦戦しています。10年ほど前にラージスポーツチェーンの経営者とお話ししたときには、「加茂さんは地代の高いところに出店されているので、我々はそこには出店できません。我々は郊外の自動車で来られるお客様をターゲットにやっています。すると2、3軒の地域のスポーツ店が経営が成り立たなくなります」ということでしたが、この10年間、その通りになりました。私たちはサッカー専門のサッカーショップでやってきたから生き延びたんです。大型店はサッカーの売り場だけでも100坪はありますが、どうしても普及品の域を出ない商品でやっておられます。我々は新しく開発された商品などを扱って、本格的にサッカーをやっておられる方向けの店になっていこうとしています。

賀川:神戸と大阪には好日山荘という山登りの店が昔からありますが、店に入っていくと山登りの大家の先生がぞろぞろとおられて、いろいろと教えてもらって山の記事を書くようになりました。

加茂:関西はそういうお客さまが来られる店があるわけです。そして野球ならば、甲子園の高校野球という非常にスケールの大きな大会があり、阪神タイガースという球団もある。朝のテレビでも阪神の話題を取り上げる。そこで何か野球に勝てる要素をと考えました。まずは「なんでこんな一等地でやってるねん」と言われても、立地を大切にしました。子どもの買い物にお母さんがついてきたり、女性のユーザーも多いので、より環境のよい所を探しました。一号店の環境はあまりよくなかったので、お子さんと一緒に来られたお母さんに、「子どもが来るのに、もう少し環境のよい所を考えていただけませんか」と言われたことがありました。それで駅前第一ビルに移ったんです。それからはデパートの中や、駅前の明るいところという出店を心がけてきました。

賀川:なるほど。おっしゃる通り、甲子園は化け物ですからね。東京の人にはこの感覚はわからないでしょうね。夏と春に80万人ずつ観客が集まるわけですからね。

加茂:ガンバやセレッソが勝ってもスポーツ紙のトップにはならないですしね。

賀川:ガンバが素晴らしいスタジアムをつくってくれました。万博(記念公園)に関西の民間人が中心になってスタジアムをつくったというところに価値があります。国立競技場なんて、中央のお偉方の席にだけ屋根があって、お金を払って観ている人は雨が降ったら濡れるわけです。お上がつくるとそうなります。

加茂:セレッソもスタジアムを改修するらしいです。昔はグラウンドといえば靭(うつぼ)公園しかなかったですが、いまでは堺のJ-GREENもできました。上田先生が「サッカー場をつくろう」ということで他の競技を受け入れずにほとんどをサッカー場にされたんです。関西の学生が強くなってきたのは、あのグラウンドができたからだと思います。関東では学生は西が丘も思うように使えないらしいですが、J-GREENのようなすばらしいグラウンドでプレーできるというのは選手のリクルーティングにも役立つはずです。関大(関西大)が強くなったのも、自前のグラウンドができたからですね。

賀川:関大はスケートリンクまで作りました。

加茂:スケートリンクは電力代などの維持費が大変らしいですが、あれだけいい選手が出てくると元がとれますね。

「サッカーにはそれができる」

賀川:創業されて何年目になりますか。

加茂:48年です。ロシアワールドカップのときに50周年になります。私もそれまではがんばろうと思っています。

賀川:お店も、日本サッカーも成長してきました。これから日本サッカーにどうなってほしいですか。

加茂:やはり日本代表がワールドカップで優勝することです。ヨーロッパや南米に行くと、何万人も入る専用スタジアムがあります。関西でも神戸、吹田に出来ましたが、全国でもまだ10か所ほどしかない。本当の意味で普及が進んで野球に並ぶにはスタジアムは重要だと思います。あるサッカー関係の方がおっしゃっているのは「野球場は野球しかできない。陸上競技場は陸上もサッカーもできる。でもサッカー場がほしい。何十年かかけて、20から30か所できると野球と肩を並べることができる」と。吹田が募金で専用スタジアムを作ったことはまちづくりや地域活性にもなります。サッカーにはそれができるんです。ドイツではスタジアムを何度も改修して、サッカー専用スタジアムがいくつもできている。それで競技人口も増えるし、いい選手も出てきます。

賀川:ドイツではサッカー場がそれぞれの街の軸になっていますよね。

加茂:野球はかつて街の軸だったような気がします。しかしプロ野球は12球団だけにしてしまったので広がりができませんでした。

賀川:なんでサッカーはあんなにチームを増やすんだ、と言われるけども、たとえば松本にもクラブができて、Jリーグの試合が街のお祭りになったんです。

加茂:それに対抗して、長野にもできました。日本中にスタジアムができることで、日本のサッカーも地方都市も元気になっていく。我々の世代は芝生のグラウンドを渇望していましたけども、いまの子どもたちは芝生はあたりまえで、スタジアムで試合がしたいと考えていますね。ですから、吹田スタジアムへの投資は必ず活きてくると思います。ヨーロッパに行くと、スタジアムはまさに劇場ですね。あそこでプレーする選手はギャラの問題でなく、別のところに満足度があるのではないかと感じます。

賀川:バイエルンのアリアンツ・アレーナにしても、外観はあんなけったいな形ですが、中に入るとどこからでも見やすいですからね。参ったな、という感じでため息ばかりでしたね。

加茂:あの独特な半透明の壁面の素材は日本のメーカーがつくったんですよね。日本でもやってくれればいいのに。これからは人口も減っていきますが、プレーヤーが減ったとしても、観るスポーツとしての発展を考えるとスタジアムは大切だと思います。川淵さんも15000人収容のナイター設備付のスタジアムという話を強くされていましたね。

賀川:ヨーロッパとの比較ということでは、サッカー選手のマネジメントの仕事もなさっていますね。

加茂:ヨーロッパは設備投資もすごいですし、選手契約金も驚くような金額になっています。いい意味の相乗効果があって、選手もがんばる、環境整備もできる。

賀川:日本では野球と比べるとサッカー選手の年俸が安すぎるという声もあります。

加茂:グループ会社のJSP(株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーション)では100人ほどの選手と契約しています。現状の観客数、テレビ放送であれば現状の年俸で仕方ないですが、選手だけではなく、関係者、メディアも含めて、皆で努力していかなければいけないですね。そういう金銭的な問題もあって、海外に出ていく選手が多いかもしれません。国内で300万円の年俸の選手が東南アジアに行くと1500万円もらえたりします。

賀川:日本の指導者も東南アジアに出て行っていますね。

加茂:日本の育成や強化をモデルにしているようです。岡田さんが中国で、「日本が短期間で伸びたのはすばらしい」という話をされたと言っていました。そういえば、中国は一人っ子政策があって、選手が利己的で難しいらしいです。

賀川:クラマーが2000年に中国で教えているときにも、「中国人だけでサッカーを強くするのは大変だ」と言っていました。かつて女子サッカーが強かったときには、これだけ素質のある子をどうやって集めるのかと思って観ていましたけども。中国は元々サッカーも強くて、昔の日本の目標は中華民国だったんです。蹴る文化は漢の時代からだから、中国人はサッカーの本家は自分たちだと言ってますよ。日本にもその中国から朝鮮半島を通って伝来した蹴鞠(けまり)が長い間行われていました。東アジアでサッカーが盛んなのは、そうした歴史もあります。

加茂:日本が現代のサッカーでそのトップになりたいですね。

(2016年3月)


このページの先頭に戻る